LITTLE CAROL

Blog

[2021/08/22]コロナ禍に思うこと

ちょっと長くなりますが、せっかくなので。

2020年2月 ダイアモンドプリンセス号での感染爆発から徐々に市中に広がってきたCOVID-19 (ここではラフにコロナと呼びますね)。

2020年3月 卒園式は縮小され、4月の入学式は延期。初めての授業はオンラインで、初めての登校は分散登校。やっと迎えた入学式は準備していたスーツが暑すぎる6月末でした。
そんな長男が七夕に書いた短冊は「コロナがはやくおわりますように」。その後も寺社仏閣にお参りする度、彼はそれを願い続けました。
短冊と一緒に作った飾りがよく出来ていたので短冊を飾りっぱなしにしていたところ、今年の七夕を前に長男から一言。
「お母さん、願いごとって叶わないんだねー」
少し残念そうな、かと言って世界に呆れているわけでもない素直な感想に心が揺さぶられました。
「子供なのにそんな夢のない発言をさせてしまって、自分は母として、社会を構成する一人の大人として何が出来るだろうか?」
そう考えるようになりました。

今年4月末 長男は足の親指にタブレットの角を落として見事な爪内血腫をこしらえました。元々心配性な長男は「痛い痛い」と言い続けるも、既に21時。
レントゲンだけ撮ってもらって、骨折してないことを確認すれば安心するかと思い、近くの救急病院へ電話をしました。
しかし時代はコロナ禍。「コロナの疑いがある患者さん以外は救急外来で受け入れていない」と断られてしまいました。
そして今年5月末 私たちは大切な人を失いました。最初はその受け入れ難い事実から情報が混乱していて「心筋梗塞だったらしい」と聞きました。
にわか知識のある私は
「なぜ血栓溶解されなかったのか?もしやコロナの影響で救急搬送が遅れて薬が間に合わなかったのでは?」
と思いました。
情報が明るみに出るとそうではないことも分かったのですが、しかしその懸念は医療崩壊の始まりつつある昨今、杞憂では済まない可能性があると思いました。
救急受診が出来ずに困っている人、命を落とす人が絶対にいるはず、そう思うと「コロナ禍に自分は何が出来るんだろうか。非力な自分には何も出来ないと行政の対応に不満を抱くだけでは世の中は変わらない」という気持ちが膨らんできました。

「自分はコロナ患者を減らすために人を動かす立場にない。自分はコロナ患者を直接救える立場にない。自分はコロナ患者を減らす一助になれるか…」
そう考えていたころ、コロナワクチンの分注の求人を耳にし、二つ返事でOKしてしまいました。

コロナ禍に育つ子供達に、コロナ禍で苦しむ人たちのために、またみんなで楽しく歌えるように、コロナを終息させる一助になりたい。

そんな思いでリトルキャロルの練習をサボって(笑)、毎週末近所のクリニックでもワクチンの分注に励んでいます。
そろそろリトルキャロルの練習も参加したいのですが、今日もひとりでも多くの人がワクチンを打てると良いなと思います。

最近感染者数がどんどん増えており、重症患者を受け入れられない自院ですらコロナ病床をどんどん増やしており、脅威を感じます。
我慢我慢で辛いですが、現場の近くにいると分かります。
たしかにリネン交換の間しかベッドは空いてません。
今自分にできることを意識しながら、みんなに健康な生活を送ってほしいです。

あさみ

[2021/08/13]同期のはなし【blog】

2019年12月24日のヒルズコンサート後の同期写真。

この日以来会っていないので、時々オンラインで家族のこと、仕事のこと、リトルのことなどを近況報告しあってます。(あとは昔のこと。これが一番盛り上がる。)

せっかくなので、私目線の人物紹介をしますね。

Yりさんは、とにかくお姉さん。相談をしたら絶対に正しい導きをしてくれます。心から尊敬してます。

Yきさんは、人一倍の頑張り屋さん。そして、リトルキャロル の要。この方がいないと団体としてやっていけません。いつもありがとう。

Yこさんは…いつでもふざけています。絶対に笑っちゃいけない時に笑って、ゲネでは立ち位置を毎回修正されてます。それを見て基本シンメトリーの位置にいる私は怒られる前に直してます。ウフフ笑

Tみさんは、実は頼りになるんです。ピーピーギャーギャーうるさいんですけど、いざと言う時、本当に頼りになります。同期で歌う曲の譜面を作ってくれます。やっぱりすごい人。

1年半以上会っていないって、信じられない。対面練習で、あのハーモニーに包まれたい。

あぁ、if-then planning実行しなきゃ、、、線引きます。
(↑これみてドキッとしたリトルキャロル の皆さん、一緒に線引きましょうね〜笑)

さき

#littlecarol #リトルキャロル #女性コーラス

[2021/07/28]夏の水田【blog】

稲が風になびく姿を見てると

日本の夏だなあと
不思議と心がほっとします。

夏の歌といえば
トトロの思い出がたくさん

小学生の長野演奏旅行
世田谷ものづくり学校のワークショップ
アークキッズの練習も
夏だったなぁ…

メイちゃんがとうもろこしを持って走っていそうな畔

トトロの風の通り道を口ずさんで歩きました

しずの

[2021/07/24]いよいよ開幕・・・【blog】

こんにちは!
いよいよ1年越しのオリンピックが開幕しましたね。

開会式、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。
1年越しのオリンピック、
コロナがなければあと10倍以上は楽しく観れただろうなとも思います。

そんな中、橋本聖子会長のスピーチに、とても感動しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

震災から10年たち、
復興しつつある日本の姿をここにお見せすることができます。
すべての方々に感謝します。
あの時、社会において、
スポーツやアスリートがいかに役割を果たすことができるか問われた。
今日、世界中が困難に直面する中、
再びスポーツの力、五輪が持つ意義が問われている。

アスリートの皆さん、この舞台に集まっていただき、ありがとうございます。
困難な中でも決して立ち止まることなく、
前を向いて、努力を続ける姿に、私たちは励まされ、今があります。
同じアスリートとして、私は、世界のすべてのアスリートを誇りに思います。
そしてたたえたいと思います。自信を持って舞台に上がってください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と涙声で話されていましたね。

コロナ渦だからこそ、本当の意味の「平和」を感じられたり、
「スポーツの力」を感じられる期間になるのではないかと
私も信じたいと思います。

五輪期間中、少しでも世界に平和な時が流れますように。

E.S

[2021/07/17]もうすぐ梅雨明けかな…【blog】

暑い夏がすぐそこまでやってきてるような気がしますね!

先日、天候にも恵まれ、子供の幼稚園で七夕祭りがありました。

笹の葉、さ~らさら♪
軒端に揺れる~♪

コロナ渦ではありますが、対策を取りながら、子供達の活気ある笑顔とまだ呆気なさも残る可愛い浴衣姿、キラキラ風になびく七夕飾りの中、子供達の澄みきった歌声を聞いて、心が明るく穏やかな気持ちになりました。

よし、コロナ渦に負けず、
夏を楽しむぞ!!
穏やかな気持ちと逆に、そんな勢いで子供と作ってしまったスイカザメ(笑)

花火やお祭りは出来なくても、少しでも子供達に楽しい夏の思い出を作ってあげられますように☆

さくらこ

[2021/07/04]日曜日の朝は…【blog】

リトルキャロルのお時間、
今日もZOOM練習でした♪
新曲に取り組んでいますが、なかなか難解なところ(リズムが複雑!)もあり、頭をぐるぐるさせつつ頑張っています。

オンライン練習では一斉に歌うことができないので、基本的にひとりずつミュートを外して歌っていくスタイルです。ずいぶん慣れましたが緊張感あります笑。今まであまり機会がなかった『じっくり自分の声と向き合う時間(by麻衣ちゃん)』で、これはコロナ禍で得たよきことのひとつかもしれません。

そして今後様子を見ながら対面練習も開始していく予定です。(もちろん距離をとりマスク&フェースガードをして…と感染予防対策はバッチリ行います!) みんなで歌えるのが楽しみ〜〜

今年はリトルキャロル25周年。結成当時10代だった私は、40代になりました…(!)
このようなご時世ではありますが、皆さまにリトルキャロルの歌をお届けする機会があるといいなと思います。

みほ

[2021/06/24]新しい「暮らし」【blog】

コロナが私たちの生活を支配してはや一年半。

私は仕事が100%在宅になり、ほとんど家から出ない生活が当たりまえになりました。
家にいる時間が増えたからか、毎朝お魚を焼いてお味噌汁を飲んだり、ベランダで家庭菜園を始めたり、
パン作りに目覚めたり、、、「暮らし」と丁寧に向き合う時間が増えた気がします。(食べ物ばっかり)

そんな今年は、梅シロップ作りに挑戦。
毎日、ワクワクしながら少しづつ砂糖溶けて梅が浸かっていく様を眺めています。

これまでは帰ってきて寝るが中心だった家は、一年で一変、生活の中心になりました。
制約もあるけど、コロナが与えてくれた「機会」もたくさんあるのかも。

でもやっぱり、気にせず外を出歩ける日々、気にせずみんなで歌える日が来るのが楽しみです(^^♪

しおり

[2021/06/13]保存したビデオ【blog】

2017年六本木ヒルズアリーナでのマイケルジャクソンメドレーより
リトルキャロル公式インスタグラム

この年の振付は、特に難易度が高く、家族が寝静まってから、夜な夜な、エリ先生の振付動画を観ながら、狭いリビングで練習した覚えがあります。

いつもの黒のエナメル靴ではカツカツ音が響いてしまうので、ダンスシューズをみんなで買い揃えたのも、この年だったかな?

仲間がいたからこそ頑張れた舞台。
紀尾井ホールの舞台袖で、仲間と達成感に溢れ抱き合ったあの瞬間。汗と涙の笑顔。
ずっとずっと忘れません。

今もこの先も、大好きな仲間と一緒に、よろこびもかなしみも分かち合いながら、精一杯歌っていきたいと思います。

よりこ

[2021/05/31]~すぐそこにあるハピネス~【blog】

皆さま、お変わりありませんか?
明日から6月に入りますね。

東京も梅雨入り間近、新型コロナ蔓延中、変異株急増中!?、緊急事態宣言も延長に、、、、

リトルキャロルの活動も、オンライン練習を中心になんとか細々と続けられておりますが、仲間と対面で歌いたい、昨年ことごとくキャンセルされてしまったイベントも今年こそは開催されて欲しい、大きくなっていくお腹(現在妊娠7ヶ月に突入!)を仲間や両親にもにスリスリしてもらいたい、、、、今年はリトルキャロル25周年の年なのに~~~~!!

なんて、、コロナ禍で心身ともに、経済的に苦しんでいる方々もいるなかで、とても大声で言ってはいられない願望を黙って抱えておりますと、気が滅入ってしまいそうにもなります今日この頃。。

そんな負のオーラに打ち勝つ術こそ、今まさに必要ですね!
巣ごもりによる運動不足解消のため、お散歩をする日は「1日1万歩」を目指して歩いておりますと、何度も通っているはずのご近所さんでも、真新しくひっそり満開になっている季節のお花たちと出会い、思わず笑顔になるわたし。
今までこんなにゆっくりとお散歩をすることもなかったな~と心がほっこりする瞬間、免疫力もぐんとアップしているような気になりますw

皆さまもどうぞ、体調を崩されませんようご自愛ください!
またメンバー揃って、皆さまに歌声を届けられる日を楽しみにしております☆

有紀

[2021/05/26]中野市市民会館クロージングコンサート

先日、長野県中野市市民会館で行われたクロージングコンサート『麻衣withリトルキャロル』にリトルキャロルも数名参加させていただきました。

オンライン練習が定着した中、約一年半ぶりのお客様入りの生コンサートで終始ドキドキでしたが、緊張の中でも他愛もない話で笑い会えるメンバー、そして大好きな歌を一緒に歌えて幸せでした。

楽屋にて、、
実は麻衣さんのコンサートは何度もご一緒させていただいてますが『麻衣&リトルキャロル』!!
のタイトルにメンバー間で驚きと嬉しさで密かにニヤニヤしてました????♥

♪優しい味でメンバーも美味しい!とにっこり

クロージングコンサートということで
リトルキャロルは初めて中野市民会館にお伺いしましたが、年月を感じる舞台袖の木製階段や舞台から見上げた天井にどこか懐かしさの残る古き良きホールでした。
またリニューアル後のホールを楽しみにしています!
中野市関係者様、麻衣さん
このような機会をいただき、ありがとうございました????

またリトルキャロル全員で歌えますように!

♪中野市風景 キラキラ